整形外科手術

整形外科とは

整形外科では、骨や軟骨、筋肉、靭帯、神経といった運動器官の病気と外傷を治療します。
当院では、一般的な動物病院では対応できない整形外科の手術も実施していますので、どうぞお気軽にご相談ください。

例えば、以下の病気や外傷の治療を行っています

  • 椎間板ヘルニア(頸椎部、胸腰椎部)
  • 膝蓋骨脱臼
  • 前十字靭帯断裂
  • 股関節脱臼
  • 環軸不安定症
  • 各種骨折

など

整形外科の主な疾患・外傷

椎間板ヘルニア

背骨はブロック状の骨が連なってできています。その間には「椎間板」と呼ばれるクッションが挟まれており、これがはみ出すことで神経を刺激するのが椎間板ヘルニアです。強い痛みや麻痺による歩行困難が見られ、最悪の場合は呼吸が停止することもあります。

治療法

まずはレントゲンなどで患部の状態を正確に診断し、必要であれば外科手術を行います。また、治療後は各種リハビリを続けながら通常の動きを取り戻すようにしていきます。

膝蓋骨脱臼

膝蓋骨とは、いわゆる膝のお皿と呼ばれている骨です。これが正常な位置からはずれて炎症や歩行困難、痛みなどの症状が出てきます。強い衝撃などで発症することもありますが、生まれつきはずれやすい状態で生まれてくる場合もあります。

治療法

症状が軽い場合は、お薬などで経過観察を行います。ただし、ある程度進行している場合に、膝のお皿が外れないようにするための外科手術が必要になります。

前十字靭帯断裂

太ももの骨とスネの骨は「前十字靱帯」で繋がれています。これが断裂すると膝の関節が安定しなくなり、周囲の軟骨組織まで損傷してしまいます。症状としては骨関節炎による痛みや違和感、歩行困難などが挙げられます。

治療法

基本的には外科手術が必要で、術式にはいくつかの種類があります。当院では、術後の炎症を最小限に留めることができ、早期回復する「矯正骨切り術(TPLO)」も実施しています。