避妊・去勢手術

避妊・去勢手術とは

メスの卵巣と子宮を取り除くことを「避妊」、オスの精巣を取り除くことを「去勢」と言います。
いずれも全身麻酔をかけた状態で行いますので、ペットが苦痛を感じることはありません。
なお、避妊・去勢手術は望まない繁殖を防ぐことができるだけでなく、様々な疾患の予防やしつけ改善にも繋がります。特に繁殖の予定がない方は、基本的には避妊・去勢を検討するようにしましょう。

避妊・去勢の時期

避妊や去勢を行うメリットを最大限に享受するためには、生後6ヶ月くらいに手術を行うのが望ましいとされています。
ただし、それ以降でも避妊・去勢手術は受けられますので、気になった時はできるだけ早めにご相談ください。

避妊・去勢のメリット

メスの場合

  • 望まない妊娠を防ぐことができます。
  • 子宮蓄膿症と卵巣がんを100%予防できます。
  • 乳腺腫瘍の発生率を低下させることができます。
  • 発情による出血とストレスがなくなります。
  • 偽妊娠による行動がなくなります。

オスの場合

  • 望まれない繁殖を防ぐことができます。
  • 前立腺肥大や肛門周囲線種、精巣腫瘍、会陰ヘルニアなどの病気を予防できます。
  • 発情期の鳴き声、マーキング、ケンカなどがなくなります。
  • ストレスが抑えられます。
  • 攻撃性が低下します。

当院の避妊・去勢手術の特徴

避妊・去勢手術にもデメリットが全くないわけではありません。とりわけ外科手術によるリスク管理はとても重要です。
当院では事前にいくつもの検査を行い、安全第一の手術を行っております。また、万が一の時も緊急措置を取れる設備やスタッフが揃っておりますので、安心してご相談いただければと思います。